「幻影城ノベルス」リスト

初期はフランス装で刊行され、専用のペーパーナイフ(サイズ・225ミリ 材質・ステンレス 柄・紫檀 GENEIJYO NOVELSのネーム入り 価格・600円)も同時発売されたが、書店が不良品だと勘違いし、返品が相次ぎ、また、返品された本を再生するのが困難だったため、さらに一部の読者より、一頁ずつ切って読むのが面倒であるという意見があったため、通常の装丁に変更された。なお、このときのフランス装から得た狩久の示唆により、泡坂妻夫の著作「生者と死者-酩探偵ヨギガンジーの透視術」の趣向が生まれた。

天藤真 炎の背景 解説=鈴木五郎
筑波孔一郎 殺人(コロシ)は死の正装 解説=島崎博
狩久 不必要な犯罪 解説=梶龍雄
泡坂妻夫 11枚のとらんぷ 解説=二上洋一
筑波孔一郎 死はわがパートナー 解説=津井手郁輝
筑波孔一郎 屍衣を着た夜 解説=寺田裕
新羽精之 鯨のあとに鯱がくる 解説=中島河太郎
泡坂妻夫 乱れからくり 解説=中井英夫
宮田亜佐 火の樹液 解説=滝原満
左右田謙 疑惑の渦 解説=二上洋一
泡坂妻夫 亜愛一郎の狼狽 解説=栗本薫
竹本健治 匣の中の失楽 解説=友成純一
泡坂妻夫 湖底のまつり 解説=津井手郁輝
連城三紀彦 暗色コメディ 解説=島崎博


「幻影城評論研究叢書」リスト

権田萬治 日本探偵作家論
山村正夫 わが懐旧的探偵作家論
津井手郁輝 探偵小説論
二上洋一 少年小説の系譜
伊藤秀雄 黒岩涙香研究


表紙へ